僕の生まれ故郷

少年時代

 

僕の生まれ育ったのは京都のほぼ中心街です。春は桜見物、夏は祇園祭に大文字焼き、秋は紅葉、冬は比叡おろしで寒い日々など、四季折々楽しんだものです。

 

子供心に一番興奮したのは、大好きだった小坂一也とワゴンマスターズが京都に来てくれた時です。それ以来カントリー&ウエスタンの虜になり、僕の人生を決定付けたと言っても過言ではありません。初めて買ったレコードも小坂一也です。

 

松竹座という映画館に大勢の観客が集まり、あまりにも危険すぎて途中、演奏を中断するという騒ぎになりました。ステージ上の上手と下手に人々を上げて、演奏者はずっと後ろに下がり、無事に人波の整理も終わり、どうにか演奏再開されたという前代未聞の出来事でした。 

あの日の光景は未だに目に焼き付いて離れません。  

 

 

特別寄稿  大野克夫